マインクラフトにおすすめのゲーミングPCはこれ! PCを選ぶ際のポイントや推奨スペックを解説

マインクラフト ゲーミングPC おすすめ ゲーミングPC

PC Shotではアフィリエイト広告を掲載しており、ページ内で紹介したサービス・商品を申し込むと収益が発生し一部が当サイトに支払われる場合があります。

世界的な大人気ゲーム「マインクラフト」をPCで遊びたい思っている方、既に遊んでいる方へ、マインクラフトをPCでプレイする上で抑えておきたいポイントをPCの性能面とゲーム性の観点からまとめました。

マインクラフトにおすすめのゲーミングPCもご紹介しているので、マインクラフトをPCでプレイしたい方、興味ある方は是非PC選びの参考にしてください。

※ 記事内の情報は執筆・更新時点の内容です。
※ 価格の記載がある情報についてはすべて税込表記です。

マインクラフトにおすすめのゲーミングPC7選

初心者でも始めやすい比較的価格の抑えられたエントリークラスから、modなど入れてガッツリ遊びたい方向けのミドルクラスの中からマインクラフトのおすすめのPCをピックアップしました。

■ マインクラフトにおすすめのゲーミングPC

是非、PC選びの参考にしてください。

GALLERIA XA7C-R36T(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R36T(ドスパラ)

▼価格とスペック詳細

価格 219,980円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3060 Ti
メモリ DDR4 16GB
SSD 1TB NVMe対応
HDD 非搭載
画面サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm

※販売価格は2023年4月時点

CPUはi7シリーズの最新世代でグラボもGeforce RTX 3060Tiを搭載しているミドルクラスのPCです。

ストレージも1TBと容量に余裕がありますのでどんどん色んなmodを追加しても安心です。

このままでもマインクラフトを充分に拡張機能も込みで楽しめますが、もし性能面でも少し良くしたいと思う方はGPUもしくはメモリのアップグレードをおすすめします。

CPUが最新ですのでどちらをアップグレードしても最大限にパフォーマンスを引き出す事が可能です。

またこちらのPCは購入時にマインクラフトのjava版・統合版が一緒についてくるサービスがされていますのでマインクラフトを始めたい方に特におすすめです。

価格も抑えられており初心者から中級者まで幅広い方におすすめします。

ストリーマーコラボPC販売中!

GALLERIA XA7C-R37T(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R37T(ドスパラ)

▼価格とスペック詳細

価格 249,980円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-12700
GPU GeForce RTX 3070Ti 8GB GDDR6X
メモリ DDR4 16GB
SSD 1TB NVMe対応
HDD 非搭載
サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm

※販売価格は2023年4月時点

こちらは1位のモデルよりGPUがアップグレードされたモデルです。

高fpsでプレイしたい方や影modなどグラフィックに関わる性能で妥協したく無い方におすすめの1台です。

こちらも同様にPC購入時にMinecraftのjava版・統合版が一緒についてくるサービスがされていますのでMinecraftを始めたい方におすすめです。

ストリーマーコラボPC販売中!

G-Tune HM-A [ Windows 11 ](Gtune)

G-Tune HM-A [ Windows 11 ](Gtune)

▼価格とスペック詳細

価格 149,800円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen™ 5 4500 プロセッサー
GPU GeForce RTX™ 3060
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB NVMe対応
HDD 非搭載
サイズ 約194×411×400mm

※販売価格は2023年4月時点

こちらはCPUが2世代前と少し古いのとコスパの良いAMD製ですので非常に価格が抑えらているモデルです。

2世代前でも性能が悪いわけではなく、CPU・GPUの性能面でもボトルネックにならない丁度良い性能差で、マインクラフト以外のPCゲームでも十分遊べる性能を備えています。

GPUもRTX3060を搭載しておりグラフィック系のmodを導入して楽しむ事が可能です。ストレージが少ない事が気になりますので、購入時のカスタマイズなどで増やす事をお勧めします。

性能面とお値段からコスパが非常に優秀ですので初心者の方におすすめのモデルです。

LEVEL-M0P5-R45-RJX(パソコン工房)

LEVEL-M0P5-R45-RJX(パソコン工房)

▼価格とスペック詳細

価格 204,980円(税込)
OS Windows 11 Home
CPU Ryzen 5 4500
GPU GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ DDR4 16GB
SSD 500GB NVMe対応
HDD 非搭載
サイズ 約幅190mm×奥行410mm×高さ356mm

※販売価格は2023年4月時点

CPUはCorei7シリーズの最新世代でグラボはGTXを搭載したエントリークラスモデルです。

1〜3位に比べて性能面では劣りますが、これくらいの性能でもマインクラフトにmodを追加したりと充分に遊ぶ事が可能です。

グラボもグラフィックス性能で優秀ですので影modなどを楽しめますが、これまで紹介してきたモデルのようにオーバースペックでは無いので、最大限のパフォーマンスを発揮出来ない可能性もあります。

mod導入時には推奨スペックの確認などは必須です。

価格も11万円代で非常にコスパが良いので、初めてゲーミングPCを購入する方におすすめの一台です。

また、こちらも同様にストレージが少ない事が気になりますので、購入時のカスタマイズなどで増やす事をお勧めします。

G-GEAR GA7J-F223ZBN/NT1(TSUKUMO)

G-GEAR GA7J-F223ZBN/NT1

▼価格とスペック詳細

価格 234,980円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-13700KF
GPU GeForce RTX 3060 Ti
メモリ DDR4 16GB
SSD 1TB NVMe対応
HDD 非搭載

※販売価格は2023年4月時点

G-GEAR GA7J-F223ZBN/NT1はCPUにインテル Core i7-13700KFを搭載しているため、マインクラフトを十分にプレイできます。

NVIDIA GeForce RTX 3060 Tiのグラフィックボードを搭載しているので、美しいグラフィックでゲームを楽しめます。

購入から1年間は無償修理の対応をしてくれるため、突然の故障も心配ありません。

FRGHLB760/SG2(FRONTIER)

FRGHLB760/SG2

▼価格とスペック詳細

価格 299,800円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-13700F
GPU GeForce RTX 4070 Ti
メモリ DDR4 32GB
SSD 1TB NVMe対応
HDD 非搭載

※販売価格は2023年4月時点

FRONTIERのFRGHLB760/SG2には、インテルのCore i7-13700Fを搭載しているため、重いタスクを十分に処理できます。

メモリ容量は32GBであり、マインクラフトのデータ管理も手軽です。

GPUはGeForce RTX 4070 Tiとハイスペックであるので、非常に美しいグラフィックでマインクラフトをプレイできます。

G-Master Spear Z790/D4(サイコム)

G-Master Spear Z790/D4

▼価格とスペック詳細

価格 268,380円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-13700K
GPU GeForce RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
SSD 500GB NVMe対応
HDD 非搭載

※販売価格は2023年4月時点

G-Master Spear Z790/D4はCore i7-13700Kを搭載しているため、マインクラフトを存分に楽しめます。

GeForce RTX 3060のGPUを搭載しており、さらに美しいグラフィックを楽しみたい場合、アップグレード可能です。

500GBのSSDと16GBのメモリ容量があるため、データ管理も十分にできます。

【いつでも遊べる】マインクラフトおすすめのゲーミングノートPC3選

【いつでも遊べる】マインクラフトおすすめのゲーミングノートPC

ここでは、マインクラフトができるおすすめのゲーミングノートPCを3つ紹介します。

■ おすすめのゲーミングノートPC

GALLERIA RL7C-R35H

GALLERIA RL7C-R35H(ドスパラ)

▼価格とスペック詳細

価格 164,980円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-12700H
GPU GeForce RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB NVMe対応
HDD 非搭載
画面サイズ 約幅358 x 奥行247 x 高さ19.0 mm

※販売価格は2023年4月時点

CPUはi7シリーズであり、グラボはGeForce RTX 3050を搭載しているミドルクラスのゲーミングノートPCです。

価格は16万円ほどであり、ゲーミングノートPCの中でも価格が安く、コスパの高い商品です。

SSDと16GBのメモリを搭載しているので、デスクトップPCと同じようにマイクラを十分に楽しめます。

ストリーマーコラボPC販売中!

GALLERIA UL7C-R36

GALLERIA UL7C-R36(ドスパラ)

▼価格とスペック詳細

価格 204,980円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB NVMe対応
HDD 非搭載
画面サイズ 約幅356 x 奥行234 x 高さ21.6 mm

※販売価格は2023年4月時点

GALLERIA UL7C-R36は、GALLERIA RL7C-R35HよりもハイスペックのグラボのGeForce RTX 3060を搭載しています。

フレームレートは144fpsで安定するため、マイクラをスムーズに操作できます。

ハイスペックのゲーミングノートPCでマイクラを楽しみたい方におすすめの商品です。

ストリーマーコラボPC販売中!

GALLERIA UL7C-R37

GALLERIA UL7C-R36(ドスパラ)

▼価格とスペック詳細

価格 269,980円(税込)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3070
メモリ DDR4 16GB
SSD 1TB NVMe対応
HDD 非搭載
画面サイズ 約幅356 x 奥行234 x 高さ21.6 mm

※販売価格は2023年4月時点

GALLERIA UL7C-R37は、GALLERIA UL7C-R36よりもハイスペックであり、GeForce RTX 3070を搭載しています。

Core i7のCPUや16GBのメモリを搭載しているので、マイクラを存分に楽しめます。

デスクトップPCよりも高性能のゲーミングノートPCでマイクラを楽しみたい方におすすめの商品です。

ストリーマーコラボPC販売中!

マインクラフトのゲーミングPCを選ぶ際のポイント

マインクラフトのPCを選ぶ際のポイント

マインクラフトをPCでプレイする際に気になるポイントをPCの性能面でどれくらいあれば快適に遊べるか、又はもっとハイスペックにしてプレイ出来るかをまとめました。

■ マインクラフトのPCを選ぶ際のポイント

  • フレームレート(fps)
  • グラフィックボード・GPU
  • メインメモリ
  • ストレージ(SSD)

どれくらいの性能があればいいかなどが分からない方や迷っている方は、是非PC選びの参考にしてください。

フレームレート(fps)

FPSゲームやアクションゲームに比べて高いfpsが必要というわけではなく、30〜60fpsもあれば十分快適にプレイすることが可能です。

プレイ中にF3キーを押すことでデバッグ画面を表示する事ができfpsを確認することができます。

fpsをもっとあげたい方は、ゲーム内設定からレンダリングや描画距離などを低負荷の設定に調整することをおすすめします。

また、プレイ画面がカクカクする場合も同様にゲーム内設定から、特に表示チャンクの設定を落とすなどして快適なfpsを探してみてください。

グラフィックボード・GPU

推奨環境からも分かりますが、スペックの高いグラフィックボードの必要はありません。

グラフィックボードがなくてもプレイ可能なほど処理は軽いです。

CPUオンボードのグラフィックスでも十分プレイ可能ですが、CPUに負荷がかかるのでグラフィック処理はGPUで処理する事をおすすめします。

また、modなどの拡張機能を入れて、ガッツリ遊びたいと考えている方は相応の性能を備えたグラフィックボードを用意しましょう。

特に人気なmodの一つである「影mod」などはグラフィック処理が重くなりがちですので3D描画に強いGTX1650やRTX3060以上のGPUをおすすめします。

メインメモリ

時々遊ぶ程度であれば4GBもあれば十分ですが、modなどを導入せずに快適に遊びたいと考えている方は少し余裕を持って8GBにする事をおすすめします。

また、ガッツリプレイしたい方はゲーム内の自動化処理やmodの導入などでゲームをプレイするにつれて処理負荷が重くなってくると思いますので、16GB以上をおすすめします。

ストレージ(SSD)

Minecraft自体は軽量ですがセーブデータはプレイする度に大きくなっていきますので、その他ソフトウェアやOSのデータ量も踏まえて最低でも500GBは必要だと思います。

また、modなどを入れてガッツリ遊びたいと考えている方は保存データが増えると思いますので1TB以上をおすすめします。

マインクラフトをプレイするゲーミングPCの必要スペック・推奨スペック

マインクラフトの必要スペック・推奨スペック

マインクラフトをプレイするために最低限必要な動作環境と、快適にプレイするための推奨環境は公式サイトで確認する事ができます。

公式サイトが英語で読みにくい方は簡単にJava版・統合版で表にまとめておりますので参考にしてください。

統合版の表に関して、PCのみの動作環境を記載しており、スマホやコンシュマー機の記載は省いております。

Java版

必要動作環境

OS Windows 7 / macOS: 10.14.5 Mojave
CPU Intel Core i3-3210 3.2GHz / AMD A8-7600 APU 3.1 GHz / Apple M1
メモリ 2GB
GPU Intel HD Graphics 4000 / AMD Radeon R5 series / Nvidia GeForce 400 Series or AMD Radeon HD 7000 series
GPU RAM 記載無し
ストレージ 1GB以上の空き容量

推奨動作環境

OS Windows 10 / macOS: 10.14.5 Mojave
CPU Intel Core i5-4690 3.5GHz / AMD A10-7800 APU 3.5 GHz
メモリ 4GB
GPU GeForce 700 Series / AMD Radeon Rx 200 Series
GPU RAM 256 MB
ストレージ 4GB以上の空き容量

必要・推奨動作環境は共に要求スペックがかなり低いのでゲーミングPCでなくてもプレイする事が可能なのは他のPCゲームとは違うマインクラフトの魅力的な点の一つです。

快適にプレイするのであればゲーミングPCをおすすめしますが、ゲーミングPCのグレードもエントリークラスでもマインクラフトから見れば高スペックですので非常にコスパ良く遊びつくせると思います。

統合版

必要動作環境

OS Windows 10 version 17134.0以上
CPU Intel Celeron J4105 | AMD FX-4100 
メモリ 4GB
GPU ntel HD Graphics 4000 | AMD Radeon R5 
GPU RAM 記載無し
ストレージ 記載無し

推奨動作環境

OS Windows 10 version 17134.0以上
CPU Intel i7-6500U | AMD A8-6600K  
メモリ 8GB
GPU NVIDIA GeForce 940M | AMD Radeon HD 8570D 
GPU RAM 記載なし
ストレージ 記載無し

ストレージの記載は無いですがjava版と同様以上の空き領域は確保しておきましょう。

また、Minecraftはゲーム内の進行度合でセーブ容量は増えていきますのでストレージはjava版、統合版問わずにきちんと確保しておきましょう。

ゲーミングPCの目安として最低でも500GB以上は必須です。

マインクラフトにおすすめのPCを選ぶ際によくある質問

よくある質問

たくさんの方が疑問・不安になる点をピックアップして回答しております。もし少しでも同じような疑問・不安がありましたら、是非参考にしてください。

■ マインクラフトにおすすめのPCを選ぶ際によくある質問

Q.Java版・統合版の違いとは?
Q.MODを導入するにはどんなPCがおすすめ?
Q.ゲーミングノートPCでもプレイできる?

Q.Java版・統合版の違いとは?

A. 統合版とjava版の大きな違いはプレイ環境です。

java版はmacやWindowsなどのPC環境、統合版はps4・5、switchなどのコンシューマー機やスマホ、タブレット、PCなどの環境でプレイ可能です。

またプレイ環境の違いは”ゲーム内やプレイ環境で出来る事”に違いが出てきます。

java版は既存のゲームにオリジナルのアイテムやスキン、モンスターなどを追加したりする事が可能で、mod(拡張機能)を入れて遊ぶことが出来ます。

その他にもたくさん出来る事があり、例えば自身でサーバーを立てたりなどする事も可能でPCの知識があればテクニカルな事をして遊ぶ事が出来ます。

一方、統合版は上記のように拡張機能を使用して遊ぶ事は出来ませんが多種多様なプラットフォームで展開されていますので、クロスプラットフォームに対応しています。

因みにjava版と統合版は簡単にはクロスプレイ出来ませんので友達と遊ぶ際は注意が必要です。

Q.MODを導入するにはどんなPCがおすすめ?

A. マイクラでMODを使用して遊ぶのであれば、ミドルクラスの性能を目安に

■ MODにおすすめのゲーミングPC

導入するMODにもよりますが、例えば有名な物で影MODがあります。

影MODにも数種類ありますが、3DCGの光や影の描写でより綺麗な映像を映し出す点を考えるとスペックの高いGPUの必要性が分かるかと思います。

MODを導入する際にはどんなMODなのかを事前に調べておくと、ある程度PCに必要な性能も分かるかと思います。

また、調べてもよく分からない方にはミドルクラスのゲーミングPCをおすすめします。

マイクラでMODを使用して遊ぶのであれば、これくらいの性能を目安にするといいと思います。

Q.マイクラはゲーミングノートPCでもプレイできる?

A. 必要・推奨環境から分かるようにプレイするだけであれば高いスペックを要求しないので、普通のノートPCでもプレイ可能です。

ゲーミングノートPCであれば普通のノートPCよりもより快適にマインクラフトが楽しめると思います。

電源がすぐに暑くなったり、バッテリーが消耗しやすい、ディスプレイ画面がデスクトップより小さいなどの点が気にならなければ十分快適にプレイ可能だと思います。

まとめ

まとめ

マインクラフトにおすすめのゲーミングPCは以下の通りです。

■ マインクラフトにおすすめのゲーミングPC

マインクラフトは他のゲーミングPCゲームとは比較にならないくらいプレイ環境に依存せず、色んなデバイスでもプレイ可能で世界的にプレイ人口が多いゲームです。

ゲーム自体もサバイバルで生活やクリエイティブに制作など遊び方の幅が大きいのも色んなプレイヤーが遊べる魅力の一つです。

また、本記事でも何度も取り上げたmodと呼ばれる拡張機能は世界中の人が作ったオリジナルの機能を追加して遊ぶ事が出来ます。

既存のゲームでは簡単には出来ない事がPCやプログラムの知識で可能にする事が出来るのもマインクラフトの醍醐味です。

少しでも興味があれば是非ゲーミングPCでマインクラフトを楽しんで下さい。

タイトルとURLをコピーしました